crm ツール

分かりやすいcrm管理ツールについて

crmとはコンテンツ・リレーションシップ・マネジメントも頭文字をとったもので、日本語では顧客関係管理と訳されます。これはお客様を企業のビジネスにとって最も大切な要素と位置づけ、お客さまを中心に事業戦略やプロセスを取り込んだビジネススタイルを考えていくことを指します。これらをコンピュータ管理することによって、より精巧な分析ができるようにしていくことが管理ツールの役割です。これはお客様の個人情報を管理するだけではなく、何をいつ買ったのか、その傾向やその後の行動などを示します。しかしただ記録していくだけでなく、そこから嗜好や予算、時期購入の時期の見込みなどを分析していきます。もっとも分析には多くのサンプルとなるデータが必要になります。ただ色々な会社がこのツールを制作しており、各社によって細かい目的が違うことがあります。

入力のしやすさを見てほしいcrmツール

詰め込みすぎると、わけがわからなくなるという現象は何に置いても存在します。 crmツールも同様です。あれこれと入力項目が多いと使い辛いという場合が多いです。また各部署によって項目を分けることは同様の理由で大切です。また何度も同じ案件を入力することは苦痛になります。そこで簡略化できる部分や、共通部分は一度で入力できるというのは是非重視したいところです。ただこの入力作業はやはり各会社によって特徴があります。自社にとってどのような形が最適であるのかという点はよく考えておく必要があります。もちろん出力されるデータについても考える必要がありあす。何をどの様に分析できているのか、出力されるのかなどは、当然吟味する必要があります。見やすい分かりやすい、というのは現在のITにとっては当然であるべきです。

何をしたいのかを考えるのはcrmツールではなく人の役割

現代のITに置いて、どのようなことにも当てはまりますが、同時に入力、検索をして情報を見ることができることは、システム上は基本です。当然crmも同様で、これはすでにメリットとは言い難いですが、導入していない会社によっては大きなメリットです。これを行うことで、各チームや部署との連携が取りやすくなります。よくもらった名刺を会社で共有することが重要であるという話題がでますが、これこそまさにcrmツールの役割といえます。ただ何度も書きますが、闇雲に導入しても意味が無く、何を求めているのか、何を困っているのかを具体的にすることが導入を検討する第一歩です。そこから予算や日程に合わせたシステム会社を選んでいきます。結局、戦略を考えるという部分は、まだまだ人間が行う以外に方法はなく、コンピュータはあくまでも分析された情報を提示するだけです。